組合員・利用者の皆様へ

平成30年9月27日

組合員・利用者の皆様

                  新居浜市農業協同組合

代表理事組合長 岡部 益夫

 

お 詫 び

 

 日頃から、JA事業につきましては格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、誠に遺憾ながら当JAにおきまして、職員による共済の掛金立替と不正契約が発覚いたしました。

 

 その内容は、平成16年3月から平成30年6月までの間に4件42か月分の共済掛金立替と、32件の共済不正契約(借名契約等)の締結を行っていたというものです。

 なお、共済不正契約の契約者は、当事者の親族等です。

 また、本件にからんだ着服等の横領行為は一切なく、顧客への金銭的被害もありません。

 

 このような不祥事の発生は、JAへの信頼を失墜させるとともに、組合員ならびに利用者の皆様方に多大なご心配とご迷惑をおかけするものであり、衷心よりお詫び申し上げます。

 

 当JAとしましては、不祥事の発生を厳粛に受け止め、不祥事の再発防止に向けて、綱紀の粛正に努めるとともに、内部管理体制のより一層の強化を図り、信頼の回復のため役職員一同、誠心誠意取り組んでまいります。

 

 重ねてお詫び申し上げますとともに、今後ともご支援ご支持をお願い申し上げます。